遺産承継のための養子縁組と遺言作成

状況

ご相談者は、夫婦二人暮らしをされておりましたが、先日ご主人がお亡くなりになりました。子供さんもいらっしゃらないので、相続人はご相談者とご主人の兄弟姉妹名となります。ご相談者さんは、高齢で足が不自由なため、今まで色々と面倒をみてくれた姪に、全ての遺産を残したいとの想いをもっておられました。

そのため、姪のために遺言書を作成することを考えていましたが、遺言書を作成したらそのことで兄弟姉妹と姪が揉めないかと心配であるとのことで当事務所にご相談にいらっしゃいました。

当センターからの提案&お手伝い

今回は、たまたま姪が婚姻しておらず、姪の両親も養子縁組に賛成とのことでしたので、養子縁組をすることになりました。 養子縁組をすれば法定相続人となり、相続人は姪の1名だけとなりますので、遺言書を作成しなくてもご相談者さんの想いは実現できます。しかし、それでも兄弟姉妹と姪が揉めることを気に掛けておられたので、遺言書も作成することを提案いたしました。

結果

姪の方と養子縁組を行った上で、兄弟姉妹に対しては、いくらかの金銭を遺贈する旨の遺言を作成いたしました。

養子縁組をすると、プラスに作用することもあればマイナスに作用することもありますので注意が必要です。プラスに作用する例としては、養子縁組後、姪が住宅を建てる等の資金援助をご相談者さんがすれば、現行で1200万円の住宅取得等資金の非課税の特例が使えます。非課税で財産を動かすことができるので相続の対策にもなります。

マイナスに作用する例としては、相続税のことを考えますと、法定相続人の人数が多ければ多いほど、控除の額が大きくなり、逆に法定相続人が少なくなればなるほど控除の額は減少します。今回の例で言いますと、養子縁組したために、法定相続人が兄弟姉妹の4名から姪の1名になったので、相続税の控除額が減ります。

生前の対策を考える際には知識と経験が必要です。できるだけ事前に相談だけでもされることをお勧めします。


相続・遺言 無料相談受付中! 電話受付 9:00~19:00 土日祝対応 0463-68-2676

  • 相続・遺言 無料相談 0463-26-9171 無料相談の詳細はこちら

  • 料金表 いくらくらいかかるの?

    アクセス バス停「伊勢山」徒歩0分

    事務所紹介 わたしたちがサポートします

  • ご相談者様からの声
    当事務所の解決事例"
  • CONTENT MENU

  • アクセスマップ

  •