夫の死亡により凍結した預金口座の解除手続き

状況

相談者様のご主人がお亡くなりになり、遺品の整理をしていたら銀行の通帳とキャッシュカードが数枚出てきたので、生活費を引き出そうと銀行に行ったところ、既に預金口座が凍結されており、引き出せなくなっていたとのことでした。

そこで、亡夫の残した銀行預金の凍結の解除手続きをして欲しいとのことでご相談にいらっしゃいました。

 

センターの提案&お手伝い

戸籍収集の代行を提案し、収集した戸籍を基にご本人で手続きをして頂くことにしました。

 

結果

預金者名義の預貯金は相続財産となり、相続人の共同所有になります。金融機関は、預貯金の名義人の死亡が確認されると、一部の相続人が勝手に引き出して他の相続人の権利が侵害されるのを防ぐため死亡者名義の預貯金口座を凍結します。そこで所定の手続きを取らないと払い戻すことができなくなります。具体的には、亡くなられたご主人様の出生から死亡までの戸籍、相続人全員の戸籍及び印鑑証明書、銀行所定の相続届に相続人全員の署名捺印したもの提出することになります。場合によっては、遺産分割協議書の提出も必要になります。

預金口座が凍結したままでいると、その預金口座から引き落としが設定されていた公共料金等の各種支払いが出来なくなるため、滞納状態になり遅延金の支払いが発生する場合もありますので、注意が必要です。


相続・遺言 無料相談受付中! 電話受付 9:00~19:00 土日祝対応 0463-68-2676

  • 相続・遺言 無料相談 0463-26-9171 無料相談の詳細はこちら

  • 料金表 いくらくらいかかるの?

    アクセス バス停「伊勢山」徒歩0分

    事務所紹介 わたしたちがサポートします

  • ご相談者様からの声
    当事務所の解決事例"
  • CONTENT MENU

  • アクセスマップ

  •